女性こそ投資しよう!負けない投資でゆっくりとお金持ちをめざす。 – 長期投資でのんびり資産運用

女性こそ投資しよう!負けない投資でゆっくりとお金持ちをめざす。

投資をしているのは男性の方が女性よりも多いのだろうなと思います。投資ブログを運営されているのも、男性が圧倒的に多いですし。

基本的に女性はギャンブル的な要素が入るものは好まない人が多いと思う。

でも、女性の方が基本的に長生きだし、夫に資産運用を任せっきりにしてしまうと夫が亡くなった後の資産運用に困りませんか?

だから、これからは女性も積極的に資産運用した方がいいと思う。夫婦で話し合いながら資産運用するのが理想的ですね!

スポンサーリンク

女性の方がすぐれた投資家?

ロイターの記事によると、男性よりも女性の方が優れた投資家であることが判明したそうです。

米資産運用大手フィデリティ・インベストメンツの新たなデータによると、実際のところ、女性の方が優れた投資家であることが判明した。同社が800万件を超える証券口座を調べたところ、女性は男性よりも0.4%多く貯蓄しているだけでなく、年間で0.4%多く投資でも稼いでいることが分かった。

「これはダブルパンチだ」と、フィデリティで女性投資家を担当する上級副社長のアレキサンドラ・タウシッグ氏は話す。「男性の方が優れた投資家だという神話は、ただの神話にすぎない」

引用元:コラム:女性はなぜ「優れた投資家」なのか

このコラムによると、女性の方が男性よりも優れている点として3つ挙げています。

  • 女性の方が売買の頻度が低く手数料がかからない
  • 女性の方が男性よりもより多く貯蓄している
  • 女性の方が株式だけに投資しないなど、リスクを分散させている

女性は男性に比べて、堅実に資産運用できる人が多いということですね。

女性も積極的に資産運用しましょう

投資を始める時は、怖いという気持ちは多かれ少なかれあると思うし、実際に損失を出すこともあるので、誰にでもおすすめできるものではありません。

でも、長期間の運用で、国も時間も投資対象も幅広く分散し、継続することができれば増える可能性の方が高いことは歴史が証明しています。

三井住友銀行 アセットクラス別資産の推移

出典元:三井住友銀行

今は世界的に株高なので、投資を始めるタイミングとしてはあまりよくないと思うけれども、どこまで騰がるかは誰にもわからないし、この先もまだまだ騰がり続けるかもしれません。

投資を始める一番よい時期というのは、誰もが投資をしたくないときです。

リーマンショック後は、株式投資を始める絶好のチャンスでした。

まずは、少額から投資を始めてみるのもいいのではないでしょうか。

資産運用で気を付けるポイントは負けないこと!

株式投資をするにあたって私が気を付けているのは、負けない投資をすること。

投資をしていれば、全戦全勝などということは絶対にない。

でも、大きく負けてしまうと取り返すまでに時間がかかるので、大きく負けないようにしないといけません。

資産運用は敗者のゲーム。ミスを減らすことで勝てる

敗者のゲーム〈原著第6版〉の中でも、資産運用は勝者のゲームから敗者のゲームへと変化してしまったので、ミスを減らすことで勝てると書かれています。

プロのテニスとアマチュアのテニスを例にあげてうまく説明されていますよ。

ちなみに、この本の著者であるチャールズ・エリスはインデックスファンドを推奨しています。

関連記事 敗者のゲームは投資家に絶対読んでほしい名著です。

個別株投資であれ、インデックスファンドへの投資であれ、好きな方を選べばいいと思います。

少額からでも分散投資が可能なのは投資信託を利用することなので、資金が少ない間は投資信託を利用するとよいでしょう。

名著とよばれる投資本でしっかりと知識をたくわえる

投資開始直後に投資先の株価は50%下落したとしましょう。

すると、投資元本にまで回復するには100%のリターン(2倍)が必要になるのです。

投資開始直後にこうなってしまうと、元本を回復させるまでにも時間がかかってしまうし、しんどいです。最悪の場合、投資なんてやめてしまえ!って思ってしまいそうです。

だから、投資元本がほとんどなくなってしまうようなことがないように分散投資をする必要があるのです。

私なんて、リーマンショックの時は高値から90%も株価が下落したものもあったんですよ!悲惨でしょう?

こんな風にならないように、しっかりと名著といわれる投資本を何冊も読んで勉強してくださいね。

関連記事 おすすめ書籍!株式投資をするなら読んでおきたい投資本

資産運用の目標をしっかりと定める

個人投資家の特権は、人と比べなくてよいことです。そしていつまでも待つことができます。

関連記事 個人投資家の特権、それは待つことができること。

プロはいつも何かに投資して良い成績をあげなければ顧客が去っていきますからリターンを追及します。でも、個人投資家は人よりも良い成績をあげることを強要されませんし、投資したくないときはしなくても誰にも文句を言われません。

個人投資家は他の人と運用成績で競争しているわけではないし、誰かに勝つ必要もない。

自分のペースで少しでも増やせるように心掛けるだけでいいのです。

でも、資産運用のゴールというか、目標は決めておくといいですね。

ちなみに、私は老後は目標としている配当金生活を達成して悠々自適な暮らしをするつもりでいます(笑)

明確な目標があれば、努力できますから何度でもブログに書いているのです。何度も書いていると本当に実現できそうな気がしてくるのですよ(^^)

関連記事 配当金生活するにはいくら必要なのか?

ナポレオン・ヒルの頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)は、いろんな意味で参考になりますから一度読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA