お金を貯めるために家計簿をつけてお金の流れを管理しよう! – 長期投資でのんびり資産運用

お金を貯めるために家計簿をつけてお金の流れを管理しよう!

結婚してからずっと家計簿をつけています。

今は昔ほどきちんと家計簿をつけているわけではなくて、レシートを1~2週間くらい溜め込んでしまうこともあるけれども、お金の流れを把握するために家計簿はつけてます。

2週間ほどレシートを溜め込んでしまうと使途不明金が出てきてしまうのですが、あまり気にせず不明金として記入する方法をとってます。

かなり大雑把に家計簿をつけてるということ。

ぎちぎちに管理してしまうと疲れてしまうので、ゆるく家計簿をつけています。

続けることが大事だと思うので…。

私が家計管理するのに絶対に必要なものは、

  • 手書きの家計簿
  • 資産管理アプリ(マネーフォワードのようなもの)

の二つです。

手書きの家計簿に加えて、資産管理アプリへの入力までしているのです(笑)

正直なところ、家計簿をつけたり、資産管理アプリの入力は面倒です。

だけど、その面倒なことをすることでお金の流れをしっかりと把握することもできていると思うので、これからも家計簿は続けます。

スポンサーリンク

家計管理は支出をしっかりと把握することから始まる

私は手書きの家計簿と資産管理アプリの2つの家計簿を利用していると書きました。

なぜ、二つも家計簿をつけているのかには理由があるのです。

手書きの家計簿の目的は日々の生活費を把握すること

手書きの家計簿は現金での支出管理をするためです。

私の場合、1か月の生活費(食費、日用品、雑貨など)の予算をあらかじめ決めていて、1か月に1度銀行からお金をおろしてきて、まとめてお財布に入れます。

袋分けなどは面倒なのでやれません。

そしてなるべく、この予算内で収まるように生活費のやりくりをしているのです。

まぁ、予算オーバーすることもありますけどね。

そんなときは、反省しつつまたお金をおろしてきてお財布に入れるだけ。

こうやって1か月の生活費の予算を決めて、家計簿をつけることでどの費目にお金がかかっているのかを把握することができるし、ちょっと食費に使いすぎたかなと思ったら、予算内で収まるようにメニューを考えたり、といった心掛けもするので贅沢し過ぎることは、まずないです。

どれだけ資産が増えたとしても生活レベルを極力上げないようにするのが、お金持ちへの第一歩だと信じているので。

資産管理アプリで投資を含めた全体の資産を把握する

資産管理アプリを利用することの目的は、クレジットカードでの買い物や光熱費、保険料の支払い、通信費、投資に関することなどを管理するため。

光熱費や通信費、保険料の支払い、クレジットカードでの買い物などは全て口座からの引き落としですから、現金のやり取りはないので手書きの家計簿にはこの支出は書きません。

手書きの家計簿は、あくまで現金での支出のみの管理です。

アプリを使うことで、費目ごとにいくら使ったか、投資利益はいくらかなどを自動的にグラフにしてくれたりするので、世帯全体の資産を把握するのは大変便利になります。

1年に2回くらいは収支のチェックをしよう

どのくらい支出しているかというチェックは半年に1回くらいやるようにしています。

旅行などの特別支出が膨らんでいたら、ちょっとレジャー費は抑えようと努力したり、外食費が多ければ、家でちゃんと作る日を増やすとか、改善しようと心掛けるようになります。

全体として収入の3割以上を貯蓄(貯蓄率30%)できるようにはしています。

ここに投資での利益は含めません。

投資での利益はアテになりませんから。

大きく利益がでることもあれば、損失を出すこともあるので、投資資産と家計資産では分けて考えるようにしています。

以前はこの貯蓄の中から、投資にお金を回していたけれども最近はそれもしていませんから、毎年のように生活防衛資金が増えている状態です。

今は低金利で預金していても、全くお金は増えないので効率は悪く、もったいないなぁと思うけれども、無理してまで投資する必要はないと思うので、貯金してます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA