ダウの犬、ダウの小犬の2015年パフォーマンスは? – 長期投資でのんびり資産運用

ダウの犬、ダウの小犬の2015年パフォーマンスは?

あけましておめでとうございます。

今年も皆さんにとって、良い年になりますように…。

投資の話になりますが、2015年は日本の株式市場は比較的堅調でTOPIXは前年比+9.9%で終わりましたが、NYダウは残念ながら-2.2%で終了です。

2015年の私の投資成績は+25.6%という結果でした。テンバガーをゲットしたにも関わらず、この成績なのだけどTOPIXをアウトパフォームできたので十分満足しています。

時間をかけて投資に取り組んでいるのに指数をアンダーパフォームする年が多ければ素直にインデックス投資するのが賢いやり方だと思いますから、毎年TOPIXと自分の成績を比べるようにしています。

今日は、以前に記事を書いたダウの犬投資法とダウの小犬投資法の結果はどうなったのかについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

2015年NYダウのパフォーマンス

2015年のNYダウは-2.2%と7年ぶりのマイナスで終了しました。

ダウの犬やダウの小犬といわれる投資法でのパフォーマンスはどうだったのでしょうか。

2015年ダウの犬銘柄とパフォーマンス

ダウの犬の詳しいことについては下記の記事を見てくださいね。

参考記事:ダウの犬戦略は有効なのか?

symbol price2014 yield2014 price2015 yield2015
T 33.59 5.48% 34.4 5.58%
VZ 46.78 4.70% 46.22 4.89%
CVX 112.18 3.82% 89.96 4.76%
MCD 93.70 3.63% 118.14 3.06%
PFE 31.15 3.60% 32.28 3.72%
GE 25.27 3.48% 31.14 2.95%
MRK 56.79 3.17% 52.82 3.48%
CAT 91.53 3.06% 67.96 4.53%
XOM 92.45 2.99% 77.95 3.75%
KO 42.22 2.89% 42.95 3.07%

この10銘柄での2015年でのパフォーマンスは-1.2%でした。

2015年ダウの小犬銘柄とパフォーマンス

ダウの小犬の詳しいことについては下記の記事を見てください。

参考記事:ダウの小犬戦略のパフォーマンス

symbol price2014 yield2014 price2015 yield2015
T 33.59 5.48% 34.4 5.58%
VZ 46.78 4.70% 46.22 4.89%
PFE 31.15 3.6% 32.28 3.72%
GE 25.27 3.48% 31.14 2.95%
KO 42.22 2.89% 42.95 3.07%

この5銘柄での2015年でのパフォーマンスは驚きの6.0%でした。

GEのパフォーマンスが良かったようです。

2016年のダウの犬ポートフォリオ

2016年のダウの犬投資戦略のポートフォリオは下記の銘柄になります。

symbol price2015 yield2015
VZ 46.22 4.89%
CVX 89.96 4.76%
CAT 67.96 4.53%
IBM 137.62 3.78%
XOM 77.95 3.75%
PFE 32.28 3.72%
MRK 52.82 3.48%
PG 79.41 3.34%
WMT 61.30 3.2%
CSCO 27.16 3.09%

2016年ダウの小犬ポートフォリオ

2016年のダウの小犬投資戦略のポートフォリオは下記の銘柄になります。

symbol price2015 yield2015
VZ 46.22 4.89%
PFE 32.28 3.72%
MRK 52.82 3.48%
WMT 61.30 3.2%
CSCO 27.16 3.09%

今年もダウの小犬の投資法は指数をアウトパフォームすることができるのかをチェックしていきたいと思います。

2016年のリターンについての記事はこちらです。

関連記事 ダウの犬投資法の2016年パフォーマンス、負け犬なんかじゃない!

まとめ

2015年においてはダウの犬戦略はあまり有効ではなかったようですが、NYダウのパフォーマンスよりかはマシという結果に。

そしてダウの子犬戦略においてはNYダウを圧倒的にアウトパフォームしています。

ダウの小犬の5銘柄(T、VZ、PFE、GE、KO)のうちでマイナスパフォーマンスだったのはベライゾンの1銘柄のみでした。

注意してほしいのが、この投資戦略が昨年は有効だったからといって今後も有効だとは限りません。

多くの人に投資法を認知されてしまうと、その優位性はなくなる傾向にありますので。

自分でしっかりと考えて納得してから投資するのがよいかと思います。それかお試しで少額だけでやってみる価値はあるのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA