NYダウを構成する米国株の高配当利回りランキング – 長期投資でのんびり資産運用

NYダウを構成する米国株の高配当利回りランキング

米国株では配当金に着目した投資を行っているので、配当利回りはとても気になるところ。

将来的に受取配当金を最大化するようなポートフォリオの構築を目指しているので、なるべくなら保有しているだけで年を追うごとに受取配当金が増えていく企業に投資しているつもりです。

インカムゲイン狙いの投資なので頻繁に売買することはしないし、長期投資が前提なので倒産するような企業には投資しません。

ということで、投資先企業は優良大型株がメインになります。

そこで、さまざまな業種において世界を代表するような企業の集まりであるNYダウを構成する30銘柄の現在(2017/5/4)の配当利回りを調べてみました。

スポンサーリンク

NYダウを構成する米国株

NYダウはアメリカを代表する株価指数です。

その構成銘柄は30銘柄で適宜、銘柄入れ替えがあります。

NYダウの算出が始まって以降、常に構成銘柄に組み入れられているのはゼネラル・エレクトリック(GE)のみ。

NYダウを構成する米国株の配当利回りランキング

NYダウの構成銘柄の配当利回りをランキングで表してみました。

企業名 ティッカー 株価 配当利回り
Verizon Communications VZ 45.88 5.12%
Chevron CVX 104.81 4.12%
Pfizer PFE 33.45 3.89%
ExxonMobil XOM 81.64 3.77%
IBM IBM 159.05 3.77%
Cisco Systems CSCO 34.18 3.48%
Coca-Cola KO 43.66 3.44%
General Electric GE 29.20 3.36%
Boeing BA 183.07 3.21%
Procter & Gamble PG 86.45 3.21%
Caterpillar CAT 99.39 3.10%
Merck MRK 63.38 3.00%
Intel INTC 36.85 2.99%
Johnson & Johnson JNJ 123.95 2.71%
McDonalds MCD 143.45 2.69%
Wal Mart WMT 76.34 2.69%
Home Depot HD 154.86 2.40%
3M MMM 199.51 2.39%
Travelers TRV 120.81 2.38%
Microsoft MSFT 68.81 2.38%
JPMorgan Chase JPM 81.10 2.37%
United Technologies UTX 121.00 2.26%
Dupont DD 78.79 1.93%
American Express AXP 78.33 1.75%
Apple AAPL 146.53 1.72%
UnitedHealth Group UNH 174.02 1.70%
Disney DIS 111.17 1.47%
NIKE NKE 54.47 1.40%
Goldman Sachs GS 226.59 1.32%
Visa V 92.62 0.77%

この中で私の保有株は、配当利回りが高い順に

  • VZ(ベライゾン)
  • PFE(ファイザー)
  • XOM(エクソンモービル)
  • IBM
  • PG(プロクター&ギャンブル)
  • MRK(メルク)
  • JNJ(ジョンソン&ジョンソン)
  • AXP(アメリカン・エクスプレス)
  • DIS(ディズニー)
  • NKE(ナイキ)
  • V(ビザ)

の11銘柄です。

ディズニー、ナイキ、ビザに関してはインカムゲイン狙いだけでなく、どちらかというと企業業績の成長に伴って配当金が増えていくだろうと期待しての投資になります。

業績不振の企業

NYダウを構成する30の企業の中でも業績不振の企業は当然ながら、存在します。

私の保有株でいうと、ベライゾンやIBM。

業績不振のベライゾン

米国通信大手のベライゾン(VZ)は、業績不振です。

売り上げ、利益ともに予想に届かず、株価は下落しています。

ベライゾンの1年チャートです。

かなり株価は下がっていて、配当利回りも5%を超えてしまいました。

業績不振のIBM

また、良くも悪くも注目されるIBMですが、こちらも業績不振です。

今年の2月からの株価の下落が凄い…。

2017年2月には182.78ドルの高値を付けた後は下落を続けています。

そして残念なことに、2017年1Qと2Qでバフェットは保有するIBM株の3分の1を処分したそうです。

Buffett owned about 81 million shares of IBM at the end of 2016 and sold about a third in the first and second quarters of 2017, CNBC reported, citing Buffett.

引用元:Warren Buffett says he sold a third of stake in IBM: CNBC

2016年末のバークシャーの保有株によると、IBM株を81,232,303株保有していましたが、この3分の1を売却しているのです。

でも、まだ5000万株保有しています。

今後も撤退していく方向なのかもしれません。

バフェットがIBMに投資を開始したのが2011年でしたが、ここで見切り売りということなのでしょうか?

ちなみに、今は売りを止めているそうです。

まとめ

インカムゲインを目的とした投資をする場合でも、業績と配当利回りとを確認するようにした方が良いですね。

業績が頭打ちの場合は、今後の増配も望めませんし。

関連記事 高い配当利回りの落とし穴

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA