株式投資で幸せな時間は長くは続かない? – 長期投資でのんびり資産運用

株式投資で幸せな時間は長くは続かない?

最近の円安と株高で私の保有資産は過去最高額を更新しています。

夏頃は今年の株式投資でのリターンは久しぶりのマイナスで終わるのかな?と思っていた時期もあったのですけど、株式市場の勢いは止まりません。

いつまで続くのでしょうか。

通常は株式投資では投資家にとって我慢の時間の方が長く、幸せな時間はほんの少しだという認識だったけれど、どうだろう?

少なくともアベノミクスが始まった2012年後半から現在までは、何かしら買っておけば比較的簡単に誰でも儲けられる相場状況でした。

スポンサーリンク

株式市場はどこまで騰がり続けるのか?

どこまで騰がるのかなんて誰にもわからないし、相場の天井と底は随分と時間が経ってから、あそこが天井だった、底だったと認識できるようになります。

もう何年もほぼ右肩上がりの状況が続いているので、そろそろ下がり始めるのではないか?という思いはいつも頭の片隅にはあるけれど、そんな理由だけで保有株を全部売却したりはしません。

私みたいな素人にはタイミング投資は無理ですから。

保有株を売る時

業績が好調であることが確認できていて、明らかに割高ではない限りは売り切ることはしない。

想定していた価値より高くなった場合や業績が思っていた以上に良くないことがわかった場合は、徐々に売っていきますけどね。

新規資金は投入しない

ここ2年ほどは新規資金をほとんど投入していないので、キャッシュが積み上がっています。

こんな状態でも新規銘柄に投資できたり、買い増しできるのはキャピタルゲインと配当金のおかげ。ありがたいことです。

これだけ株式市場が堅調な時に新規資金を投入しないのは機会損失といえば、そうなのかもしれないけど、今はまだその時ではないような気がするのでとりあえず銀行口座で待機させてます。

この資金の出番が来る日はあるのでしょうか?

将来のリターンのためには暴落相場がやってきて欲しい気もするけれども、今手にしている資産が目減りするのは、嬉しくはないです。

だから、どっちでもいい。

現時点でも、それなりの金額を投資してますし、上げても下げてもどっちでも対処できるようには準備してるつもり。

下げれば買うし、上げれば売るし。適度な距離感をもって投資とは向き合っていきたいです。

名著を読む

最近はまた読書にふけってます。

私は気に入った本は何度も何度も繰り返し読みます。忘れた頃に読むという感じ。

今、読んでるのはハワード・マークスの本。

  • 9章の振り子を意識する
  • 10章の心理的要因の悪影響をかわす
  • 13章の我慢強くチャンスを待つ

などがとても参考になります。

本当に名著といわれる本は何度読んでも違った気付きを与えてくれます。

しっかりと勉強して少しずつでも上手に資産運用ができるようになりたいです。

関連記事 暴落は忘れた頃にやってくる!対処法を考えておこう。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    初めまして、

    「上がっても、下がっても、どっちでもいい。」

    お見事です。

    セゾンのバンガードで複利を意識しつつ、利益確定もしつつ、堅実ですね。

    内はNISA、ジュニアNISA枠一杯に、REITと債権の投資信託(あえて毎月分配型)を買って、その分配金を独立系の信託会社(セゾンのバンガード、ひふみ投信、鎌倉投信)で積み立て投信をしています。

    テーマは節税です。源泉分離課税の20、315%は重税です。(泣)

    初めてこちらの記事を読みましたが、勉強になります。過去記事も読んでみようと思います。どうもありがとうございました。

    • もも より:

      マッキーさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      毎月分配型の投資信託の分配金でひふみ投信やらセゾン投信の積立をされているのですか。
      個別株投資をしているので、ひふみ投信を買うことはないと思うけれども、ひふみ投信って良い投信ですよね。
      守りながら増やすという運用方針がとても素晴らしいです!!

      証券税制改正で10%から20%にアップしたけれど、10%増のインパクトは大きいですよね。
      NISAとか要らないから、以前のように税率10%に戻してほしいです。

      このブログが少しでもマッキーさんのお役に立てたなら、とてもうれしいです。
      またの訪問をお待ちしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA