投資家から見た良い会社の条件とは? – 長期投資でのんびり資産運用

投資家から見た良い会社の条件とは?

株式投資で資産運用するにあたって重要なことは何でしょうか。

私の場合だと、投資資金を減らさないようにするということが最優先。

今までもそうだし、今もだけど投資先の選択ミスで損切りしたことは何度もあります。

自分では有望な投資先だと思って投資してみたものの、想定していたよりも業績が悪いなんてことはよくあります。

これは投資をしている以上は仕方のないこと。

株式投資で一度も負けたことがないよという人などいるはずがありません。

消費者からみた時に良い企業であるところもあれば、勤務先として見た時に良い企業であることもある。そして投資家から見た時に良い企業であるところも当然あります。

投資先を検討する上で大事だと思うのは、投資家目線で良い企業を見つけること。

では、どんな企業が投資家にとって良い企業なのでしょうか?

スポンサーリンク

投資家にとって良い企業

私の考えでは、投資家にとって良い企業とは概ね下記の条件を満たしていること。

  • 持続的な競争力のある企業(経済的な堀を持つ企業)
  • 保有期間中に時間とともに利回りが高くなっていく企業
  • 適切な成長率を維持している企業
  • フリーキャッシュフローが潤沢な企業
  • 割安もしくは適切な株価で売買されている企業

投資する際に重要視しているのは、割安か適切な株価で優良だと思う企業を買い付けるということ。

どんなに素晴らしい企業でも高すぎる株価で買ってしまっては、良い投資先だとは言えないような気がします。

持続的な競争力のある企業(経済的な堀を持つ企業)

堀を持つ企業については、何度か書いてきました。

関連記事 経済的な堀(競争における優位性)を持つ企業

関連記事 長期保有するにふさわしい企業の4つの基準

競争力がある(経済的な堀を持つ)企業は、製品価格を値上げしたとしても消費されたり、利用され続ける(インフレ率以上に値上げできる)ような企業ではないでしょうか。

あなたの身の回りにもこういう企業があるのではないですか。

ちょっとくらい値上げされていても、やっぱり買ってしまう製品ってあると思うのです。

そういう製品を作っている企業は、もしかしたら経済的な堀があるのかもしれません。

現時点ではクレジットカード会社であるVISAやマスターカードなどは広い堀に守られていると思います。

店側が支払う手数料(加盟店手数料)が値上げされたとしても、消費者に気軽に買ってもらうにはクレジットカードでの支払いを可能にしておいた方が売れるでしょう。高額商品ならなおさらです。

アップルペイだとかビットコインだとか、クレジットカード以外の新たな決済サービスが今後はどんどん出てくるでしょうから、今の広い堀が維持できるかどうかは未知ですけど、今のところは敵なしという感じですよね。

VISA(ビザ)の企業分析
決済関連で気になるのはやはりクレジットカード業界です。 誰もが知る国際ブランドとしてはVISA、MA、AMEX、ダイナース、JCBなど...

関連記事 VISA(ビザ)の企業分析

VISAやマスターカードのような競争力のある企業を早い段階で見つけて、適正価格で投資できるようになりたいと常々考えています。

時間とともに利回りが高くなっていく企業

保有しているだけで年を追うことに利回りが高くなっていく企業といえば、連続増配企業。

毎年のように増配してくれるので、自然と利回りが高くなっていきます。

うまく行けば数十年後には配当金だけで、元本がまるっと回収することも可能。

おまけに株主還元意欲の高い企業というのは、配当金支払いだけでなく自社株買いにも積極的な企業が多いです。

例えば、フィリップ・モリスやコルゲート・パルモリブなど。

この2つの企業も連続増配企業です。

フリーキャッシュフローが潤沢な企業

競争力のある企業というのはフリーキャッシュフローが潤沢であることも多いです。

そして利益率も高く、参入障壁が高い企業が多く、運転資本も少なくて済むことが多い。

フリーキャッシュフローが潤沢であると再投資にも回せるし、株主に還元することもできる、事業拡大のための買収も行いやすいです。

まとめ

競争力のある製品やサービスを提供している優良企業に投資していると、かなり割高な株価で購入さえしなければ、大きな失敗はしないのではないでしょうか。

現時点では競争力のある製品だったとしても将来的には陳腐化してしまう可能性ももちろんあるので定期的にチェックはしないといけませんが。

だけど、P&Gやユニリーバ、ロレアル、コカ・コーラ、アンハイザー・ブッシュ・インベブなどのFMCG企業が提供する製品は今後も世界中で消費され続ける可能性の方が高いと思ってます。
関連記事 生活必需品業界の優良企業

やはり長期的な視点でみると、大きな利益さえ狙わないのであれば、上記のような手堅い企業への投資が無難かもしれません。全くもって地味で退屈ですけどね。

外国株投資では株価が数倍になるような企業は私の能力では見つけることができなさそうなので、時間を味方につけた手堅い投資法でいきます!

大きな利益は日本株で狙っていきます(笑)
関連記事 テンバガー(10倍株)達成の経験は自信になる

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA