セゾン投信での積立プランを2017年末で解約します – 長期投資でのんびり資産運用

セゾン投信での積立プランを2017年末で解約します

我が家は学資保険には加入していません。

学資保険に加入するかわりに投資信託の積立をしようと決めて、投資先をセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにしました。

今では投資環境が整って、低コストな投資信託が数多くあるのでセゾン投信の信託報酬も高く感じてしまいますが、我が家が積立を開始した2007年当時はセゾン投信は低コストのバランスファンドだったんですよ。

よく考えると10年も積立しているんですよね。

最初は25000円からの積立で途中で15000円に減額したりもしましたが、数回の売却でトータルでは利益が出ています。

セゾン投信の10年間の積立で得た確定利益額についてはこちらの記事に書いてあるので興味のある方は読んでください。

関連記事 セゾン投信の積立を2007年から継続中、評価額と利回りを公開

教育資金の積立として、お世話になったセゾン投信ですが、2017年で積立を終えることにします。

スポンサーリンク

2017年11月のセゾン投信(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)の運用状況

個別株投資をしていると、やっぱりセゾン投信の運用成績に関してはあんまり増えないなと思ってしまいますが、でもそれなりに増えてはいますよ。

直近1年でのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのチャートです。

右肩あがりに値上がりしています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスF-1年チャート

2017年4月のセゾン投信の運用状況

2017年4月時点での運用状況も参考までに載せておきます。

ゾン投信2017年4月の運用状況

2017年11月のセゾン投信の運用状況

7月頃に30万円分利益確定してますが、その後も積立は継続しています。

関連記事 セゾン投信、さらに利益確定しました!いくら儲かった?

そして、11月の運用状況です。

セゾン投信運用状況20171123

こうやって比べてみると、それなりに増えているのがわかると思います。

現金で持ってるよりは積立しておいてよかったという状況にはなってるので、ありがたいです。

セゾン投信(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)の設定来の運用状況

セゾン投信 設定来の運用状況

運用資産額も順調に増えていますね。

今は低コストなインデックスファンドやバランスファンドが増えてきているので、もう少しセゾン投信もコストを抑えた運用ができればよいのですが…。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用成績

2017年10月31日時点での運用成績は、下記のようになります。

期間 運用成績
1か月 +1.49%
6か月 +8.05%
1年 +19.27%
3年 +17.4%
設定来 +44.61%

学資保険に加入しているよりは、かなりマシな運用成績なので、現時点では学資保険はやめてセゾン投信を選んでおいてよかったということになりました。

教育資金を投資信託などのリスク資産で運用しようと考えるのであれば、元本割れしていることもあり得ることをしっかりと考慮した上で決めてくださいね!

教育資金を準備するのであれば、全額をリスク資産で運用するのではなく、一部にとどめておいた方が安心です。基本は無リスク資産といえる個人向け国債や定期預金などがよいと思います。

関連記事 教育費の貯め方。個人向け国債で保有するのがおすすめ!

投資信託の売り時

学資保険は満期まで保有しておけば、あらかじめ利率が決まっている商品なので安心ですが、投資信託の積立は元本保証ではないし、どうなるかはわかりません。

解約するときには元本割れしている可能性もあります。

利益があろうが、なかろうが、お金が必要になったときに売ればいいという考え方もあるでしょうが、私はそうは思わないんですよね。

いざ、教育費を使う時期が来た!となった時に元本割れしていると、どうしても心理的に抵抗がありませんか?

教育資金のような必要な時期がわかっているお金に関しては、利益があるときに、ある程度は利益確定しておいてもよいのかと思います。

関連記事 インデックスファンド積立の売り時っていつ?

教育資金の積立に利用していたセゾン投信の毎月積立を2017年12月で解約します

2007年からコツコツと積立してきたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドですが、今年いっぱいで積立は中止することにしました。

積立は一旦中止するけれども、解約するわけではありません。

毎月積立を中止する理由は2つ。

  • ほぼ大学資金の準備ができた
  • 現在の株高で積立てするのが嫌になった

子供の教育資金(大学用)が必要になるのはまだ先ですが、とりあえず目標としていた金額の1500万円にほぼ目途がついたので、セゾン投信での運用を終えようと思いました。

関連記事 子供の教育費1000万円を貯めるという目標を達成した方法とは?

今保有している口数は大事に保有継続していくつもりです。

セゾン投信に積立してよかったと思う

信託報酬が高いとか、いろいろと叩かれることの多いセゾン投信だけど、そんなに悪いとも思いません。

私はセゾン投信の積立をしてきてよかったと思ってます。

そりゃ、数千万円も投資信託で運用するのであれば信託報酬が高いとコストがかかるのでもったいないけど、我が家のように毎月15000円ほどの積立金額で残高も数十万円ほどしかないのであれば、あんまり変わらないですし。

なにより、含み損の間も価格を気にすることなく積立を継続できたのは、独立型の投信で日々含み損を目にすることがなかったのが理由です。

これは私にとっては非常に大きなメリットでした。

今まで投資信託での運用でまともに利益がでたことはなかったですから。

その点、日々の評価額を目にすることのない確定拠出年金やセゾン投信は含み損を抱えたときでも、積立を継続することに迷いはありませんでした。

関連記事 セゾン投信の評判はよくない?私は積立をして良かったと思う!

運用成績に関しても、大満足かといわれればそうではないけれども、学資保険の代わりなのでとりあえずは満足しています。

でも、レオスのひふみ投信にしておけばよかったなぁとちょっと後悔はしていますが(笑)

未成年口座でも日本株で運用していますが、セゾン投信と比べるとリターンは雲泥の差です。

セゾン投信は設定来+44%ほどだけれども、同時期にはじめた未成年口座では4倍以上に増えました。買い付けたあとはほぼ放置状態でたまにメンテナンスする程度でこのリターンです。

この期間に投資しておけば、大概の人はかなりの利益を得られたと思います。アベノミクスさまさまです。

未成年口座で出た利益だけで大学資金が捻出できそう。いまのところは教育資金として使うつもりはないけれど、贈与税がかかりそうであればここから出します(笑)

このあたりのことは税理士によっても意見がわかれるところなので専門家と要相談ですね。

投資信託の積立を始めるなら、まずは資料請求から。

 月々5,000円から始める長期投資。

 月々1万円からの資産形成ひふみ投信

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA