生活必需品業界の優良企業 – 長期投資でのんびり資産運用

生活必需品業界の優良企業

FMCG業界には優良といわれる企業が多いです。

FMCGとは日用品や一般消費財のこと。食料品や飲料や生活用品、化粧品などで、これらは世界中で毎日のように消費されます。

こういったFMCGの世界での有名企業は下記のような企業です。

  • Nestle
  • Procter & Gamble
  • Coca-Cola
  • Anheuser-Busch InBev
  • Philips Morris International
  • Unilever
  • PepsiCo
  • British American Tobacco
  • General Mills
  • Reckitt Benckiser Group
  • Mondelez international
  • L’Oreal
  • Colgate-Palmolive
  • SC Johnson

などがあります。ジップロックやGladeで有名なSC Johnsonは非上場だった気がしますが。

世界中で毎日のように消費される商品を取り扱っていて、ブランド力のある企業が並んでいますね。日本でいえば花王やライオンが有名です。

スポンサーリンク

FMCG企業は不況耐性がある

以前に記事にしたS&P500セクター別のパフォーマンスを調べてみたでもConsumer Staples Index(生活必需品)セクターはリーマンショックがあった2008年では各種セクターの中でも最も下落率が低かったことがわかります。

2015年S&P500セクター別パフォーマンス
S&P500は米国の大企業で構成されている指数です。米国企業に投資する時には、日本株ほどの情報を得ることもできないのでS&P...

関連記事:2015年S&P500セクター別パフォーマンス

そりゃ、そうですよね。

不況で収入が減ったとしても毎日食べたり飲んだりするし、お風呂に入るし、化粧もする。だからFMCG企業の商品は毎日のように好不況に関わらず世界中で消費され続けます。

不況時には株価の下落リスクは他のセクターに比べて低いけれど、好況時の上昇率はいまいちパッとしません。のんびりと時間をかけて企業価値が増大していくのを待つという戦略にはぴったりのセクターであると思っています。

ということは、配当金生活に向けたポートフォリオの構成銘柄にするにはピッタリではないかと思うのです。

配当金生活に向けてのポートフォリオに新規銘柄を追加中
期待されていた日銀による追加の金融緩和がなかったことで、4月の終わりごろから円高が進行中だし、日本株も下落中です。 みんなそんなにさら...

関連記事:配当金生活に向けてのポートフォリオに新規銘柄を追加中

生活必需品セクターは優良企業が多く、長期投資向き
豊かな老後を過ごすために必要なのは、家族や友人を除いて考えるとやっぱりお金(笑) とはいっても、資産運用は順調なので、そこまで心配して...

関連記事:生活必需品セクターは優良企業が多く、長期投資向き

私のポートフォリオにもP&Gやユニリーバ、フィリップモリスなどが入っています。

他にもこのセクターの企業をポートフォリオに追加したいので少しずつ個別に調べているところ。追々ブログにも書いていきたいと思います。

あまり分散させるのはパフォーマンス的にもよくないのだけど、外国企業は自分で調べるにはハードルがかなり高いので、大やけどしないように分散投資でいきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA