株の含み損銘柄を有効利用して節税対策 – 長期投資でのんびり資産運用

株の含み損銘柄を有効利用して節税対策

あと少しで2016年も終わりです。

今の時期に投資家がすることといえば、含み損の銘柄を売却することにより損失を確定させて税金対策するという、含み損銘柄を利用した節税でしょうか。

少しでも支払う税金は少ないほうがいいですものね。

私も含み損が大きな銘柄があった場合は、一旦売却して実現損にしてから、再度購入するということをやる時もあります。

ただ、今年は大きな含み損銘柄もないので税金対策としては何もしません。

スポンサーリンク

含み損銘柄を活用した節税対策

株式投資で利益が出ている場合は、譲渡益の約20%を税金として支払わなければいけません。

多額の譲渡益がある場合に、少しでも利益を圧縮すれば支払うべき税金も少なくなります。

譲渡益よりも譲渡損が少ない場合

たとえば、譲渡益が100万円あるとします。

すると利益の約20%である20万円ほどを税金として支払うので、残るのは80万円ほど。

この時に、含み損が80万円ある銘柄を保有している場合は、この含み損銘柄を売却して80万円の損失を実現させたとします。

すると、この場合は譲渡益100万円の内の80万円と譲渡損80万円が相殺されるので税金の支払いは譲渡益20万円に対して4万円ほどと圧縮されます。

金額の大小に関わらず、含み損銘柄を売却するというのは心理的に抵抗があるかもしれないけれど、実現損にしてしまえば、すでに利益が上がっている100万円に対する税金を圧縮することができるので、節税になるのです。

含み損を抱えたまま税金20万円を支払うか、損失を確定させ、譲渡益を20万円にして税金を4万円支払うようにするか。

どちらを選びますか?

私なら、損失を確定させて税金の支払いを少なくする方を選びます。

そして、継続して保有したい場合は、後日買いなおせばいいだけですから。

譲渡益よりも譲渡損の方が多い場合

残念なことに譲渡益よりも譲渡損の方が多い場合もあるかと思います。

そういう時はどう対処すればよいのでしょうか。

含み損のまま放置しておくか、一度キレイサッパリ損失を確定させて身軽になるか。

こういう場合は、どう対処するかは人それぞれかな?

多額の含み損をポートフォリオに抱えたままにしておくのは、精神衛生上あまりよろしくないと思うので、一度損失を確定させる方を私は選ぶかもしれません。

時と場合にもよるとは思うけれども。

私もリーマンショックがあった年は見切った銘柄も多く、損失を確定させたために譲渡損の方が多かったです。そして翌年は確定申告で譲渡損失の繰越控除をしました。

出典元:国税庁

譲渡損失の繰越期間は翌年以降3年です。

その期間は毎年、繰越するために確定申告しなければいけません。

面倒なんですけどね。

だけど、投資をする以上は税金についての知識も少しはあったほうがいいと思うので、確定申告してみることをオススメします。

ふるさと納税や医療費控除、住宅ローン控除などで確定申告する人も多いとは思うので慣れていた方がいいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA