2015年日本株での連続増配企業ランキング – 長期投資でのんびり資産運用

2015年日本株での連続増配企業ランキング

連続増配企業といえば米国株が頭に浮かびますが、日本株でもあります。

さすがに50年や60年の連続増配みたいな企業はありませんけどね。

でも、花王のように連続増配にこだわりのある企業もあるのですよ。

配当金は経営者からのメッセージ
20数年後にやってくる老後を見据えた資産運用をする時に重視しているのが、保有株からの配当金です。 目指すところは年金に頼ることなく配当...

参考記事:配当金は経営者からのメッセージ

スポンサーリンク

日本株の連続増配企業

では、10年以上の連続増配している企業のランキングを見てみたいと思います。

順位 企業名 連続増配年数
花王 26年
USS 18年
SPK 18年
明光ネットワーク 17年
4 小林製薬 17年
4 三菱UFJリース 17年
7 リコーリース 16年
8 トランコム 15年
8 しまむら 15年
10 芙蓉総合リース 14年
10 ユニチャーム 14年
10 シスメックス 14年
10 リンナイ 14年
10 科研製薬 14年
10 プラネット 14年
10 東京センチュリーリース 14年
10 KDDI 14年
10 沖縄セルラー電話 14年
10 サンドラッグ 14年
20 サンエー 13年
20 リロHD 13年
20 興銀リース 13年
23 ロート製薬 12年
23 高速 12年
23 栗田工業 12年
23 クスリのアオキ 12年
23 JT 12年
23 アルフレッサHD 12年
23 ドンキホーテ 12年
23 JPX 12年
23 ニトリ 12年
32 プラップジャパン 11年
32 コムチュア 11年
32 イオンディライト 11年
32 ハイデイ日高 11年
32 三井海洋 11年
32 みらかHD 11年
32 ファミリーマート 11年
39 ハマキョウレックス 10年
39 JPHD 10年
39 大研医器 10年
39 カカクコム 10年

10年以上の連続増配企業は42社ありました。

こうやってみると結構あるものですね。この中に私の主力株のひとつが入ってます。

ストック型ビジネスで儲かる仕組みが出来上がっている企業です。不況も好況時もたいして業績のブレがないので安心して保有できます。だけどこういう銘柄はデメリットもあって、保有していても楽しくはないです。派手に値上がりすることもまずないです。そのかわり、急落することもあまりないですね。

株価を忘れて放置するには最適なのかも(笑)

配当もまずまずなので長期保有の予定なのです。

やっぱりインカムゲインの最大化を目指すなら、このランキングに入っている企業の株主になりたいですね。

米国企業の連続増配銘柄に関してはこの記事をどうぞ。

米国株の連続増配企業ランキング2014年
日本に比べて米国企業の連続増配年数は長いです。50年以上もの長い期間、連続して増配している企業があるのですから。 それほどの長期間ずっ...

関連記事:米国株の連続増配企業ランキング2014年

2016年の日本株、米国株の連続増配企業ランキングはこちらに書いてあります。

関連記事 2016年日本株とアメリカ株での連続増配企業ランキング

日本株でもインカムゲイン狙いにシフトしようか

日本株はインカムゲイン狙いではなく、キャピタルゲイン狙いで主力株と準主力株で10社くらいを保有しています。

ここ数年の比較的何を買っても値上がりしていた時期もそろそろ終わりになってもおかしくないと思うので、より慎重に投資対象を選んでいかないといけないと思っています。

下がる時はどんな株でも一緒に売られるので、どうやって対処するかを考え中です。一番いいのはキャッシュにしておいておくことなんだけど…。

昨年は売却益で高配当株に乗り換えたりしたおかげで、インカムゲインも順調に増えました。やっぱり高配当株をポートフォリオに入れると配当金の増え方がすごいですね。

今年は、日本株でもある程度は高配当株や連続増配株をポートフォリオに入れようかと。キャピタルゲインに比べるとインカムゲインは見劣りしてしまうけれど、銀行預金に比べれば随分とマシですしね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA