米国株の連続増配企業ランキング2014年 – 長期投資でのんびり資産運用

米国株の連続増配企業ランキング2014年

日本に比べて米国企業の連続増配年数は長いです。50年以上もの長い期間、連続して増配している企業があるのですから。

それほどの長期間ずっと保有し続けていると配当金だけでも投資元本はとっくに回収できているでしょうし、さらに受け取った配当金を再投資していれば本当に雪だるま式に配当金が膨れ上がっていることだと思います。

2015年の受取配当金はどれくらい増えたのか
2015年ももうすぐ終わりということで、今年の配当金額が確定しました。 実際にもらった受け取り配当金額は伏せますが、昨年と比べて約20...

関連記事:2015年の受取配当金はどれくらい増えたのか

私の場合、投資を始めてまだ11年ほどなので配当金が雪だるま式に増えていることは実感できないけれど、それなりに増えていると思います。

約2年ほど新規資金を投入をほとんどしていないにも関わらず、受け取った配当金額は増えていますから。

年率7%で増配していくような企業を保有していれば10年後には受け取り配当金が2倍になりますし、配当金再投資していけばもっと早くに受け取り配当金が2倍になります。

これを数十年間続けるとどうなっているのでしょうか。

時間を味方につけて複利の威力を実感できると思います。将来が楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク

連続増配企業に投資するならやっぱり米国株が王道

日本企業でも花王のように配当金にこだわりのある企業もありますが、残念ながらそう意識をもった経営者は少ないような気がします。

日本では20年以上の連続増配記録を持つのは花王の一社のみ。その他の企業は20年以下です。

2015年日本株での連続増配企業ランキング
連続増配企業といえば米国株が頭に浮かびますが、日本株でもあります。 さすがに50年や60年の連続増配みたいな企業はありませんけどね。 ...

関連記事:2015年日本株での連続増配企業ランキング

2016年の日本株、米国株の連続増配企業ランキングはこちらに書いてあります。

関連記事 2016年日本株とアメリカ株での連続増配企業ランキング

それに比べ、米国企業は60年以上の企業も存在しますからレベルが違います。

米国の連続増配企業

米国の連続増配企業はあまりにも数が多いため、45年以上連続して増配している企業について書いてみたいと思います。

2014年時点での連続増配年数になりますので注意してくださいね。

順位 シンボル 連続増配年数
1 AWR 61年
2 DOV 60年
2 NWN 60年
4 PG 59年
4 EMR 59年
4 GPC 59年
7 MMM 57年
8 PH 56年
8 VVC 56年
10 CINF 55年
11 KO 53年
11 JNJ 53年
11 LOW 53年
11 LANC 53年
15 ITW 52年
15 CL 52年
17 CLC 51年
18 CB 50年
18 TR 50年
20 HRL 49年
21 SWK 48年
21 FRT 48年
21 TGT 48年
21 ABM 48年
21 CWT 48年
21 SJW 48年
21 SCL 48年
28 CBSH 47年
29 BKH 46年
29 FUL 46年
29 CTWS 46年
32 SYY 45年
32 NFG 45年

どうでしょうか?日本ではあまり馴染みのない企業も多く含まれているような気がします。

2014年末時点で45年以上の連続増配企業に絞っても33社もあるんですよ。

ただ、やみくもにこのような企業を買うのはあまりオススメではないです。なぜなら配当性向が高い企業も含まれていますので、注意する必要はあると思います。

この中で保有株はPGとJNJのみです。コルゲートパルモリブ(CL)やホーメルフーズ(HRL)もチャンスがあれば保有したいと考えています。

手間をかけたくないならETFへ投資

私は個別株への投資が好きなのでETFを買うことは、ほぼないです。だけど多数の銘柄を組み入れたい場合は配当金ETFへの投資もアリだと思っています。

  • SPDR S&P Dividend ETF(SDY)
  • ProShares S&P 500 Aristocrats ETF(NOBL)
  • Vanguard Dividend Appreciation ETF(VIG)

残念ながらNOBLは日本のネット証券では買えなさそうですが、SDYやVIGならば下記の証券会社でも買えますよ。

楽天証券「海外ETF」

SBI証券の海外ETF

マネックス証券

1社や2社で失敗しようが、ETFならばあまり影響はないですしね。

買ってしまったら放置できる(年に1回くらいはチェックしたいですが)のでラクといえばラクです。

まとめ

配当金目的の投資はスリルもなく退屈だし、短期間での大儲けも期待できません。

だけどコツコツと投資していくのが苦にならない人には適している投資法だと思っているので、老後用の資金はこの方法で運用していきたいと思っています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA