たわらノーロード新興国株式についての考察 – 長期投資でのんびり資産運用

たわらノーロード新興国株式についての考察

DIAMアセットマネジメント株式会社が運用する低コストのインデックスファンドで有名なたわらシリーズが拡充されるようです。

2016/3/14から販売開始。

  • たわらノーロード新興国株式(信託報酬:0.495%)
  • たわらノーロードplus国内株式高配当最小分散戦略(信託報酬:0.70%)
  • たわらノーロードplus先進国株式低ボラティリティ高配当戦略(信託報酬:0.85%)
  • たわらノーロードplus新興国株式低ボラティリティ高配当戦略(信託報酬:0.90%)

この中で気になるのはたわらノーロード新興国株式でしょうか。

信託報酬も0.495%とかなり低く設定されています。

三井住友DC新興国株式インデックスファンドの信託報酬は0.56%ですから、たわらノーロード新興国株式の方が少し有利です。

では、たわらノーロード新興国株式について詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

たわらノーロード新興国株式について

たわらノーロード新興国株式は、2016/3/14に新規設定されます。

新興国株式のインデックスファンドにしては、低コストなので投資しやすいです。インデックスファンドでの運用は分散投資が基本なので先進国株式だけでなく、新興国株式もあればより安心できますよね。

老後資金用の積立として先進国株式と新興国株式が含まれている三井住友DC全海外株式インデックスファンドを考えていた(まだ積立は開始していない)けれど、たわら先進国株式とたわら新興国株式の2本立てで積み立てるのも悪くない選択肢だなと思いました。

たわらノーロード新興国株式とは?

MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)

に連動する投資成果を目指している投資信託です。

そしてこのファンドの目玉が信託報酬の低さです。なんと年率0.495%です。

たわら新興国インデックス-信託報酬

たわらノーロード新興国株式よりもさらに低コストなインデックスファンドが登場しました。

超低コスト!ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープンの考察

関連記事:超低コスト!ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープンの考察

たわらノーロード新興国株式の仕組み

新興国へ投資するマザーファンドへ投資するファミリーファンド方式によって運用されています。

たわら新興国インデックス-ファミリーファンド方式

たわらノーロード新興国株式のマザーファンドの規模

投資信託には繰上償還のリスクがありますから、少しでもそういったリスクを減らすためにファンドの規模を調べておきました。たわら新興国インデックス-マザーファンド規模

2015/11/30現在でのマザーファンドの規模は約376億円です。規模としては十分ではないでしょうか。

三井住友DC全海外株式インデックスファンドの新興国株式のマザーファンドは1400万円ほどしかありませんでしたから、それと比べても十分大きいです。

三井住友DC全海外株式インデックスファンドについての考察

関連記事:三井住友DC全海外株式インデックスファンドについての考察

繰上償還については下記のような記述がありました。

当ファンドは、信託契約を解約することが受益者のために有利であると認める場合、受益権口数が10億口を下回ることになった場合、対象インデックスが改廃された場合、その他やむを得ない事情が発生した場合は、当初定められていた信託期間の途中でも信託を終了(繰上償還)する場合があります。

たわらノーロード新興国株式のマザーファンドの主な投資先

主な投資先は下記の図を参考にしてください。

たわら新興国株式-主な投資先

参考情報

参考までにベンチマークの収益率のグラフを載せておきます。

たわら新興国インデックス-年間収益の推移

私は新興国に大きく投資することはないと思うけれども、分散投資の一部として保有しておくのは良いことだと思います。

SBI証券、マネックス証券、楽天証券で積立可能

投資信託への投資を開始するなら、自動積立制度を利用することをオススメします。

一度、設定してしまうと後は自動で定額を積立てくれるので、手間がかかりません。

株式市場が不安定で急落した時などは、手動でスポット購入することもできますから、毎月の積立は自動でやるのが一番ラクですよ。

【積立できる主な証券会社】

マネックス証券

SBI証券

楽天証券

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA