ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンの考察 – 長期投資でのんびり資産運用

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンの考察

ステート・ストリートより超低コストなインデックスファンドシリーズの有価証券届出書が提出されています。EDINETで検索してみてくださいね。

新規設定されるインデックスファンドは全部で8本。

  • ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン[0.1296%(税抜0.12%)]
  • ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン[0.3132%(税抜0.29%)]
  • ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)[0.216%(税抜0.20%)]
  • ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン[0.2052%(税抜0.19%)]
  • ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン[0.2268%(税抜0.21%)]
  • ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり)[0.2376%(税抜0.22%)]
  • ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン[0.1512%(税抜0.14%)]
  • ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン[0.1944%(税抜0.18%)]

その届出書によるとステート・ストリート先進国株式インデックスファンドの設定日は2016年5月9日で、三井住友信託銀行で買うことができます。

このシリーズの特徴はとても低コストであるということ。

では、私の興味のあるステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンについて

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンは2016/5/9に新規設定されます。

目玉は超低コストであること!!

たわらシリーズよりも信託報酬が低く設定されていますよ。

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン信託報酬など

日本を除く世界の主要国の株式を投資対象としていて、MSCIコクサイ指数(円ベース)に連動する投資成果を目指している投資信託です。

信託報酬は驚きの0.2268%(税抜0.21%)です!!

ステート・ストリート先進国株式-信託報酬

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンの仕組み

先進国へ投資するマザーファンドへ投資するファミリーファンド方式によって運用されています。

ステート・ストリート先進国株式-ファンド運用の仕組み

ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープンのマザーファンドの規模

念のため、マザーファンドの規模も調べておきましょう。

投資信託には繰上償還というリスクが付いて回りますからね。

ステート・ストリート先進国株式-マザーファンドの規模

マザーファンドの規模は2015/12/30の時点で約1500億円もありますから、十分な規模であると思います。

信託の終了については下記のような記述がありました。

委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することによりこの信託の受益権の口数が20億口を下回ることとなった場合または下回ることが明らかとなった場合、もしくはこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める時、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させることができます。

出典元:ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン 有価証券届出書

参考情報

ベンチマークとしているMSCIコクサイ指数の年間騰落率の推移と他の代表的な資産クラスの騰落率のグラフです。

ステート・ストリート先進国株式-年間騰落率

代表的な資産クラスの指数の年間騰落率はH23年2月からH28年1月の5年間の各月末における直近1年前を対しして計算したものだと書いてありました。

為替ヘッジなしの円ベースのものです。

投資可能な証券会社

現時点では三井住友信託銀行のみで買い付けが可能なようです。

早くネット証券でも積み立て投資ができるようになるといいのですが。

まとめ

昨年の秋頃からインデックスファンドの低コスト化が進んできました。

代表的な低コストな先進国株式に投資する投資信託(インデックスファンド)としては下記のものがあります。

  • 三井住友DC全海外株式インデックスファンド

関連記事:三井住友DC全海外株式インデックスファンドについての考察

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド

関連記事:ニッセイ外国株式インデックスファンドについての考察

  • たわらノーロード先進国株式

関連記事:たわらノーロード先進国株式についての考察

他にもステート・ストリートの低コストシリーズで新興国株式もあります。

超低コスト!ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープンの考察
ステート・ストリートより低コストなインデックスファンドシリーズが2016/5/9に設定されます。 ラインナップは下記の8本。 ...

関連記事:超低コスト!ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープンの考察

待っていれば、どんどん低コストなインデックスファンドが登場してくるという状況になっていますね。

投資家にしてみれば、できるだけ低コストなインデックスファンドを選びたいのでありがたい限りです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA