優良企業&高配当株は株主を金持ちにしてくれる可能性が高い – 長期投資でのんびり資産運用

優良企業&高配当株は株主を金持ちにしてくれる可能性が高い

一般的な人が金持ち(富裕層)になれる近道は、やはり株式投資を含めた資産運用をすることだと思ってます。

投資ブログを見ても、株式投資で1億円以上の利益を得て富裕層の仲間入りしている人は数多く見かけますしね。

株式投資で1億円とはいっても、人それぞれで投資法は違っています。トレーディングが得意な人、バリュー投資を実践している人、成長株投資をしている人、外国株で配当金(インカムゲイン)狙いの投資をしている人など、本当にさまざま。

トレーディングは一種の才能のようなものが必要なのではないか?と個人的には思うので誰でも実践できるものではないと思う。残念ながら私にはトレーディングは無理です。

そんな才能は全くありません。

一番簡単なのは、時間を味方につけて配当金を再投資する方法だと思います。

銘柄選びさえ間違わなければ、退屈な投資法でも20年、30年経過する頃にはある程度のお金持ちになっているのではないでしょうか。

しかも、配当金再投資戦略の基本は連続増配企業に投資する事だと思っているのだけど、この方法はかなり再現性の高い投資法で、忍耐力がある人であれば誰がやっても同じような結果になるのではないかと考えています。

投資先の企業もジョンソン&ジョンソンやP&G、フィリップモリスやアルトリアグループなどのたばこ銘柄、エクソンモービルなど、株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすに出てくるような配当貴族指数を構成するようなところを選んでおけば大失敗はしないでしょうし。

オススメ お金持ちになるために金持ち思考を身につけて行動する

ただ、この投資法の唯一の難点は、投資元本がある程度大きくなければ、効果が感じられにくいということ。

投資額が少ないと配当金で再投資するほどにもなりませんからね。増えたと実感できるようになるまでには、かなりの時間がかかると思います。

投資額が少ないと配当金再投資の醍醐味を享受しにくい
何度も書いてますが、老後は配当金で生活することを目標にしています。 年を取ってからもお金がないから働かなくてはいけないなんてことになら...

関連記事  投資額が少ないと配当金再投資の醍醐味を享受しにくい

だから、投資額が少ない間は意識して投資元本を大きくする必要があるわけです。

ある程度、運用額が大きくなってくると受取配当金だけでいろいろな銘柄を買い増しすることができるようになりますから。

スポンサーリンク

コルゲート・パルモリブ(CL)への投資でお金持ち?

生活必需品を取り扱っているコルゲート・パルモリブ。

日本ではあまり馴染みがないと思うけれど、歯磨き粉のシェアが素晴らしいです。特に新興国でのシェアは素晴らしい!

コルゲート・パルモリブ(CL)の企業分析
連続増配で有名なコルゲート・パルモリブですが、52年間も増配し続けています。 50年以上だとP&Gやジョンソン&ジョンソン、コ...

関連記事  コルゲート・パルモリブ(CL)の企業分析

コルゲート・パルモリブの株主還元

コルゲート・パルモリーブ(CL)の株主還元意識は強いみたいで、2016年も自社株買いプログラムは継続しています。

しかも、コルゲート・パルモリーブ(CL)は53年連続増配しています

コルゲート・パルモリブに30年間配当金再投資し続けた結果

30年前の1986年の1月に1000ドルでコルゲート・パルモリブに投資したとします。

もちろん、配当金は再投資です。

30年前にCLに投資した1000ドルは、現在はどうなっていると思いますか?

凄まじいまでの結果が出てますよ!

%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e9%85%8d%e5%bd%93%e9%87%91%e5%86%8d%e6%8a%95%e8%b3%87

出典元:colgatepalmolive

4回の株式分割と毎年のように増配していくコルゲート・パルモリ-ブ。

当初の投資元本992ドルが2016年には株価の値上がりと配当金再投資で42918.1ドルにまで成長しています。

株数で考えると31株が642株まで増えてます。

$1が100円と仮定すると10万円が429万円にまで増えてるのですよ。

100万円投資していたら4290万円!

1000万円投資していたら余裕で富裕層の仲間入りですね。

※あくまでも過去の株価推移&配当金であって、将来はどうなるかはわかりません。

1986年から2016年までの30年の間には、ブラックマンデー、ITバブルの崩壊、同時多発テロ事件、リーマンショックなど株式市場の大きな下落も含まれています。

だけど、結果は上記のとおり。コルゲートに投資し続けた人は報われました。

ただ、30年という長期間この値上がりした株式を保有し続けれる人はほんの一握りだと思われます。大概の人は、ある程度値上がりしたところで利益確定してしまうでしょう。

長期投資は、普通の人が考えているよりも難しいのです。

私も30年間も1銘柄に投資し続けられるかどうか自信がありません。絶対に途中で利益確定してしまいたくなると思います。

でも、売りたい気持ちをぐっと我慢する努力をしないといけないんですよね。

この我慢ができないと投資家の憧れのテンバガー(10倍株)なんて手に入れられないですよね。この投資法を実践していくとなると、あくまでもテンバガーは通過点でしかありませんが。

関連記事 テンバガー(10倍株)達成の経験は自信になる

だけど、売りたいと思った時がちょうど株価のピークかもしれないわけで…。売らずに我慢してたら、また下がったりもするわけですから売りの判断は買いの判断以上に本当に難しい。

だけど、世界的に有名な連続増配企業の株式は適正な価格で買うことができれば、おそらくずーっと死ぬまで売らないことが正解なのでしょうね。

米国の方でドナルド・リードさんという方が配当金再投資戦略を実施されて物凄い資産を築き上げました。正しい投資法を実践すれば、誰でもお金持ちになれる可能性があるのだと勇気づけられますよ。

詳しくは下記の記事を読んでいただければと思います。

関連記事 倹約と分散投資と長期投資で誰でもお金持ちになれる可能性はある!

気の長い投資家でないと、そんな20年も30年、いや50年以上も継続保有できないと思いますが。

やっぱり投資には忍耐強さが不可欠です。

まとめ

株式投資で成功するには、いろいろな方法があるけれど、一番簡単でその気があれば誰でも実践できる優良企業への投資(もちろん配当金は再投資)は、お金持ちになる可能性を大きく秘めていると思います。

まぁ、退屈な投資法ですけどね(笑)

投資の神様であるバフェットが言っているように、ゆっくりと金持ちになりたい人はいないわけで、誰でも手っ取り早くお金持ちになりたいですから、優良企業に投資して配当金を再投資させていく方法を実践される人は少ないのだと思います。

だからこそ、私はこの正しいと思われる投資法を実践してみて成功できるかどうかを試してみたいのです。そして子供にもその結果を伝えたい。

ただ単に本を読んで正しいと言われている投資法を教えるのと、実際の口座にある、投資で殖やした資産を見せるのとでは説得力が違いますよね。

関連記事 子供への投資教育の必要性

私が老後を迎える頃には、配当金生活のポートフォリオはどのくらい大きく成長してくれているのか、楽しみです。

もしかしたら減ってるかもしれませんが。その時は事実を子供に伝えたいと思います!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA