貯金の目的を明確にして、しっかりとお金を貯める! – 長期投資でのんびり資産運用

貯金の目的を明確にして、しっかりとお金を貯める!

家計の金融行動に関する調査によると、貯金が全くないという人も多いです。

以前に記事にした時の統計でみた場合、貯蓄のない人は30.9%にもなります。

関連記事 2015年調査の金融資産保有状況

その一方で堅実派の方たちは、きちんと毎月貯金しています。

我が家はもちろん毎月の貯金はしていますよ。

毎月の貯金の目的は、子供の教育費を貯めるため。

子どもが幼稚園の時に立てた計画(大学費用の1000万円)はクリアしたのだけれど、余裕をもって1500万円に修正しました。

関連記事 子供の教育資金1000万円の目標を達成した方法

1500万円を目標に毎月の貯金5万円とセゾン投信への積み立て1.5万円はずっと継続中。

何が起こるかはわからないので、余裕をもって資金を準備するのが私のやり方。

そこまで必要なければ、残りのお金は老後費用にあてます。

スポンサーリンク

毎月の貯金の目的ははっきりとさせておく

私が毎月の一定額の貯金をする際に意識しているのが、お金を貯める目的をはっきりさせるということ。

明確な目標や目的もなく、やみくもにお金を貯めるというのは私にとっては非常に苦痛ですから、できないような気がする…。

やはりまだ若い時期に人生設計や生活設計をして、必要なお金を明確にして計画的に貯めていくのが王道なのかなと思います。

キャッシュフローのシミュレーションをしてみるのはおススメです。

数値を色々と変えてみて、どういった計画を立てれば家計が破綻せずに過ごせるのか?などがわかりますから、本当に便利ですよ。

今は無料でライフプランのシミュレーションができますから、一度やってみてはいかがでしょうか。

オススメ スルガ銀行ライフプランシミュレーション

スルガ銀行のライフプランシミュレーションの優れている点は、人生の3大支出(住宅資金・教育資金・老後資金)や自宅の修繕費、車の維持費&買い替え費用、趣味に関するお金などについても細かく設定できること。

かなり参考になりますよ!!

教育費は早めに準備すると安心できる

教育費は必ず必要になるお金で、使う目的も時期も明確ですし目減りすると困るお金ですから手堅く準備します。

基本は無リスク資産といわれる個人向け国債と銀行預金を利用。

セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを除いては、投資にまわさずに地道にコツコツと貯め続けています。

関連記事 教育資金の貯め方。基本は無リスク資産で保有するのがおすすめ

関連記事 セゾン投信の積立を2007年から継続中、評価額と利回りを公開

老後資金は無リスク資産以外にも資産運用で殖やしていく方針

我が家では毎月の積み立て貯金は教育費だけしかしておらず、老後のための貯金に毎月一定額を積み立てるというようなことはしてません。

そもそも老後資金は資産運用して殖やしていけるように日々努力してます。最終的な目標が配当金生活ですので、投資しなければ目標を達成することもできませんから。

老後資金の元本については、余裕があれば投資用資金にまわしていく方法をとってます。

ここ数年は投資口座に新規入金はほとんどしてませんが、投資用資金として待機させてます。

もちろん投資ですので減ってしまうことがあるのも覚悟の上。

長期投資していたら誰でも儲かると錯覚するようなグラフや書籍も多々ありますけど、投資に確実なことはありません。

金融機関が利益を得るために、都合の良い説明をしているだけかもしれませんから、よく考えて納得してから投資するべきです。

関連記事 長期投資は確実に儲かるというのは幻想

資産を目的別に分類して管理する

保有資産は、用途別に分類できます。

私の場合は主に下記のように分類してます。

  • 日々の生活費
  • 将来的に使うことが決まっているお金
  • 使う予定のない余裕資金(投資資金)
  • 生活防衛資金(不測の事態に備えたお金)

教育費は将来的に使う事が決まっているお金なので、計画を立てて積み立てしているのです。

車の買い替え費用なども数百万円単位で必要になるので、積み立てした方がいいかもしれないですね。

生活防衛資金があるといざという時に慌てなくて済む

投資をする、しないに関わらず生活防衛資金は準備しておいた方が良いと考えています。

今は大企業に勤めていたとしても、定年まで働ける保障はどこにもありません。

生活防衛資金は万が一、収入が途絶えてしまったときのための安心材料になります。

投資をしていれば、なおさら生活防衛資金は大事だよなと思うのです。

関連記事 生活防衛資金についての私なりの考え

まとめ

目的もなく、ただやみくもに貯金していると、何のためにお金を貯めているのかがわからなくなりそうです。

お金は本来は使うためのもの。人生を豊かなものにするには適度にお金を使うことも大事です。

今後もしっかりとした目的意識をもって貯金に励んでいこうと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA