積立NISAで安定的な資産形成を目指すか、現行NISAどちらを選ぶ? – 長期投資でのんびり資産運用

積立NISAで安定的な資産形成を目指すか、現行NISAどちらを選ぶ?

2018年1月からは積立NISAが始まります。各証券会社も積立NISAの募集を開始していますね。

悩んでいるのが、積立NISAにするのか、現行NISAを継続するかということ。

積立NISAは、非課税期間が20年という長期間であるという点がとても魅力的。

非課税期間が20年間ということは、今から20年後に投資したものの非課税期間の終了時は、何と今から40年後!

それまで、生きてるかしら?

まぁ、まだ80歳だから生きてると思いたいですけど。

そう考えると、積立NISAを選んだ場合はかなり長い運用になりますね。

スポンサーリンク

積立NISAと現行NISAの違い

積立NISAの非課税期間の長さは魅力的ではあるけれども、さすがに長い、長すぎる。

積立NISAを最後まで続けたとすると、私の場合は最後の非課税期間が終わるのは80歳ですよ!

もう、おばあちゃんじゃないですか!

40年後にどうなってるのかなんて、想像もできません。

積立NISAと現行NISAの違い

現行NISAと積立NISAで何が違うのか?というと、まぁ、いろいろと違う点はあるのです。

わかりやすいように、表にしてみました。

現行NISAもしくは積立NISAのどちらか一方の制度しか利用できません。

通常のNISA 積立NISA
年間投資上限額 120万円 40万円
非課税期間 5年 20年
非課税枠 600万円

(120万円×5年間)

800万円

(40万円×20年間)

積立NISAの対象となる投資信託

金融庁より積立NISAの対象となる投資信託が発表されています。

積立NISAの対象インデックスファンド

積立NISAの対象となるインデックスファンドの一覧です。

個人投資家に人気の投資信託は、ほとんど対象になってますね。

金融機関によって取り扱い銘柄が異なるので、積立したい投資信託の取り扱いがある金融機関で口座開設しましょう。

例えば、SBI証券の場合について記事にしました。

関連記事 積立NISA対象の投資信託(予定)がSBI証券で発表された

指数 ファンド名
TOPIX たわらノーロード TOPIX
iFree TOPIXインデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
ニッセイTOPIXオープン
野村インデックスファンド・TOPIX
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
SMT TOPIXインデックス・オープン
eMAXIS Slim 国内株式インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
つみたて日本株式(TOPIX)
Smart-i TOPIXインデックス
日経平均株価 たわらノーロード 日経225
iFree 日経225インデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
ニッセイ日経225インデックスファンド
野村インデックスファンド・日経225
野村つみたて日本株投信
SMT 日経225インデックス・オープン
eMAXIS 日経225インデックス
つみたて日本株式(日経平均)
Smart-i 日経225インデックス
JPX日経インデックス400 iFree JPX日経400インデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
野村インデックスファンド・JPX日経400
SMT JPX日経インデックス400・オープン
eMAXIS JPX日経400インデックス
MSCI ACWI Index 全世界株式インデックス・ファンド
野村つみたて外国株投信
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド
eMAXIS 全世界株式インデックス
FTSE Global All Cap Index 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
MSCI World Index
(MSCIコクサイ・インデックス)
たわらノーロード 先進国株式
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)
MSCI World Index
(MSCIコクサイ・インデックス)
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
野村インデックスファンド・外国株式
野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型
外国株式指数ファンド
SMT グローバル株式インデックス・オープン
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS 先進国株式インデックス
つみたて先進国株式
つみたて先進国株式(為替ヘッジあり)
Smart-i 先進国株式インデックス
S&P500 米国株式インデックス・ファンド
iFree S&P500インデックス
CRSP U.S. Total Market Index 楽天・全米株式インデックス・ファンド
MSCI Emerging Markets Index たわらノーロード 新興国株式
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド
野村インデックスファンド・新興国株式
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド
SMT 新興国株式インデックス・オープン
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS 新興国株式インデックス
つみたて新興国株式
Smart-i 新興国株式インデックス
FTSE RAFI Emerging Index iFree 新興国株式インデックス
2指数 日本株式・Jリートバランスファンド
3指数 東京海上・円資産インデックスバランスファンド
4指数 JP4資産均等バランス
ダイワ・ライフ・バランス30
ダイワ・ライフ・バランス50
ダイワ・ライフ・バランス70
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)
三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ)
三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ)
4指数 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
三井住友・DC年金バランス50(標準型)
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)
eMAXIS バランス(4資産均等型)
つみたて4資産均等バランス
5指数 野村インデックスファンド・海外5資産バランス
6指数 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)
野村6資産均等バランス
ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド
SMT 世界経済インデックス・オープン
SMT 世界経済インデックス・オープン(株式シフト型)
SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ゴールキーパー)
7指数 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型
8指数 たわらノーロード バランス(8資産均等型)
iFree 8資産バランス
三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド
SMT 8資産インデックスバランス・オープン
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ディフェンダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ フォワード)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ミッドフィルダー)
eMAXIS バランス(8資産均等型)
eMAXIS マイマネージャー 1970s
eMAXIS マイマネージャー 1980s
eMAXIS マイマネージャー 1990s
つみたて8資産均等バランス
つみたてバランスファンド

参考資料:金融庁の積立NISAの対象商品

積立NISAの対象アクティブファンド

10/13発表の資料によると、積立NISAの対象となるアクティブファンドは14本しかありません。

国内型・海外型の区分 投資の対象としていた資産の区分 ファンド名称
国内型 株式 コモンズ30ファンド
大和住銀DC国内株式ファンド
年金積立 Jグロース
ニッセイ日本株ファンド
ひふみ投信
ひふみプラス
株式及び公社債 結い 2101
海外型 株式 セゾン資産形成の達人ファンド
フィデリティ・欧州株・ファンド
株式及び公社債 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
ハッピーエイジング30
ハッピーエイジング40
世界経済インデックスファンド
株式及びREIT フィデリティ・米国優良株・ファンド

参考資料:金融庁の積立NISAの対象商品

積立NISAと現行NISAのどちらを選ぶ?

投資信託の積立を年間40万円とはいえ、20年間、運用終了までは40年間やれる自信はないです。

継続するって想像以上に難しいですから。

2007年からはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積立をしていますが、11年間積立を継続していることになります。

よく続けられているなぁと自分でも思うけれども、独立系投信なので、ほとんどログインもしないので評価額を日頃から目にすることがありません。

だから、ストレスもなく積立を続けていられるのだと思います。

それに、あと数年で積立は終了するつもりです。

一方で、積立NISAとなるともっと長い期間続けなくてはいけない。

40年後の自分を想像することもできないし、確定拠出年金での積立もやっているので、わざわざNISAでも積立するメリットがよくわかりません。

だから、私は現行NISAを続けて5年(最長10年)でNISAを終えたいと思います。

NISAに関しては、あんまり上手に運用できてないですけど…。

年間120万円までの上限金額の縛りがあってやりにくいです。(←言い訳)

つみたてNISA口座を開設するなら、まずは総合口座の開設から!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA