確定拠出年金の掛金が年単位も選べて便利になる【2018年】 – 長期投資でのんびり資産運用

確定拠出年金の掛金が年単位も選べて便利になる【2018年】

資産運用するのであれば、まずは掛金が税控除される確定拠出年金に加入するべきだと考えています。

勤務先で導入されているなら企業型確定拠出年金へ加入すればいいし、導入されていないのであれば個人型確定拠出年金iDeCoへ加入すればいいです。

ネット証券大手のSBI証券、マネックス証券、楽天証券はどこも金融機関へ支払う手数料は無料なのでおすすめです。

関連記事 マネックス証券の確定拠出年金iDeCo(イデコ)のおすすめポイント

関連記事 SBI証券のiDeCoのおすすめポイント!ひふみ年金&iFree&イデコロボの提案

関連記事 楽天証券とSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)を比較!どちらがおすすめか?

今までは確定拠出年金は毎月一定額を拠出することになっていたのですが、2018年1月1日からは年単位での拠出ができるようになるので、より便利になりますよ。

スポンサーリンク

確定拠出年金の掛金が年単位になることのメリット

確定拠出年金制度の主な改正平成30年1月1日施行

出典元:厚生労働省

2018年からは毎月一定額の拠出ではなく、年単位でまとめて拠出というのも選べるようになります。

12月から翌年11月までの範囲で複数月の掛金をまとめて拠出することもできるし、1年間分をまとめて拠出することもできます。

※掛金の納付は1月から12月までの範囲内で行います。

注意点としては、厚生労働省の図を見てもらってもわかるように、まとめて拠出できるのは経過した期間の掛金のみ。事前に拠出することはできません。

ボーナス時にまとめて拠出もできる

たとえば6月と12月のボーナス時期に、数か月分をまとめて拠出するということもできるし、12月に1年分をまとめて拠出というのでも大丈夫なのです。

毎月の掛金が負担に思っていた人にとっては、ボーナス時にまとめて納付できるのはかなりのメリットだと思います。

また、自営業などでは事業の特性上ある月に偏って売り上げがあったりもするでしょう。

その場合は、閑散期に掛金を拠出するのがしんどい場合もあるだろうけれども、年単位化されるとお金に余裕のある時期にまとめて拠出することでiDeCoを継続することが可能になります。

国民年金基金連合会に支払う手数料が節約できる

確定拠出年金に加入すると口座を開設した金融機関に支払う手数料以外にもコストがかかります。

たとえば、SBI証券の確定拠出年金 iDeCoではこんな感じです。

支払先 手数料
国民年金基金連合会 96円/月(税込み103円/月)
SBI証券 0円
信託銀行 60円/月(税込み64円/月)
合計 156円/月(税込み167円/月)

年単位化されて、年1回の拠出にすれば、国民年金基金連合会に支払う手数料を節約できるのです。わずかな金額なんですけどね。

  • 毎月拠出の場合

103円×12か月で1236円の手数料が必要

  • 年1回拠出の場合

103円×1か月で103円の手数料が必要

ドルコスト平均法を実践しているのであれば月単位の拠出がよい

確定拠出年金(iDeCo)に加入しているのであれば、何かしらのリスク資産で運用している人が多いと思います。

投資信託の積立の基本はドルコスト平均法といって、毎月一定額を淡々と積み立てていく投資法が有名。

このドルコスト平均法を実践しているのであれば、年単位で拠出するよりは今まで通りに月単位で拠出する方が、より時間の分散ができるので変えない方がいいと思います。

確定拠出年金 iDeCoに加入するなら、まずは資料請求から。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

マネックス証券 iDeCo

楽天証券 確定拠出年金

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA