連続増配企業のホーメルフーズ(HRL)の買い増しと分析 – 長期投資でのんびり資産運用

連続増配企業のホーメルフーズ(HRL)の買い増しと分析

保有株でもあるホーメルフーズ(HRL)の株価推移が軟調です。

$30近辺で指値しておいたら、買えていました!

ホーメルフーズは、食品を扱う企業であるために不況期に強いという特徴があります。

実際にリーマンショック後の不況時である2009年にも業績を伸ばしているのです。

しかも、51年連続増配企業です。

現在の配当利回りは高くはないですが、配当性向も50%以下ですし、今後の増配も期待できる企業なので買い増ししました。

2017年は去年に比べて業績が伸び悩んでおり、調べてみました。

スポンサーリンク

ホーメルフーズの2017年の業績について

ホーメルフーズは日本ではあまり馴染みがありません。

ピーナッツバターのSKIPPYや、SPAMは見たことがある人も多いかと思いますが、ホーメルフーズのブランドです。

規律ある買収で成長し続けている

出典元:Hormelfoods invester center

主な取り扱い食料は食肉ですが、それ以外にも幅広く展開しています。

最近ではブラジルの食肉会社Cerattiやイタリアの高級食肉を取り扱うフォンタニーニなどを買収して、食品サービスのポートフォリオを拡大しています。

ホーメルフーズの傘下には、高価格帯のMuscle milkやWholly Guacamole、低価格帯のSKIPPYなどが混在していて、バランスは取れているのじゃないでしょうか。

また、ホーメルフーズの製品は家庭だけでなく、学校、医療施設、ホテル、コンビニ、大学、レストランでも幅広く利用されています。

ホーメルフーズの2017年3Qの業績

出典元:Hormelfoods invester center

2016年と比較して、1株当たりの利益は6%ダウン

売上高は4%ダウン(調整後の売上高は1%アップ)

販売数量は9%ダウン(調整後の販売数量は1%ダウン)

総合してみると、冷蔵保存食品とグローサリー製品のパフォーマンスがいいです。

一方で、Jennie-O Turkeyブランドが引き続き苦戦中。

冷蔵保存食品について

  • 利益は15%アップ
  • 販売数量は6%ダウン(調整後は1%ダウン)
  • 売上高は6%ダウン(調整後は5%アップ)

食料雑貨について

  • 利益は10%アップ
  • 販売数量は4%アップ(調整後は3%アップ)
  • 売上高は6%アップ(調整後は3%アップ)

Jennie-O Turkeyブランドの商品

  • 利益は20%ダウン
  • 販売数量は7%ダウン
  • 売上高は9%ダウン

七面鳥の価格の低下が続いている模様で、苦戦しているみたいです。

スペシャリティフーズ

  • 利益は14%ダウン
  • 販売数量は8%ダウン(調整後は2%アップ)
  • 売上高は7%ダウン(調整後は1%ダウン

その他

  • 利益は16%ダウン
  • 販売数量は1%アップ
  • 売上高は1%アップ

ホーメルフーズの株主還元

出典元:Hormelfoods invester center

上記は、ホーメルフーズの株主利益のグラフです。

過去10年間においては、S&P500をかなり上回るリターンを株主にもたらしてくれました。

ホーメルフーズは51年連続増配企業である

出典元:Hormelfoods invester center

配当金はきれいな右肩上がりで、株主にとっては理想的です。

ホーメルフーズは356四半期もの間、株主に配当金を支払い続けています。

これからも期待してもいいのではないでしょうか?

まとめ

苦戦している分野もあるけれども、それほど気にすることはないような気がしますので、買い増ししました。

まだまだ下落するようであれば、積極的に買っていく予定です!

関連記事 ホーメルフーズの企業分析

関連記事 長期投資を前提としてホーメルフーズを購入!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA