ふるさと納税を積極的に利用しよう!メリットとデメリットは? – 長期投資でのんびり資産運用

ふるさと納税を積極的に利用しよう!メリットとデメリットは?

ふるさと納税をしている人は多いと思います。

総務省によると寄付額は、平成26年度で389億円、平成27年度は前年の4・3倍の1653億円になっていて、増え続けているそうです。

最近はテレビでふるさと納税の特集が組まれていたり、雑誌などでも特集されたりしていますからね。

高所得になればなるほど所得税や住民税の控除額も増えるし、寄付のお礼として日本各地の特産品をいただけますから利用した方がいいと思う。

ふるさと納税で数百万円分も寄附できるような人がうらやましいです!!

ふるさと納税の上限金が高い人は、その分たくさん納税しているということなので、感謝しなければいけませんよね。

今ではふるさと納税では地域特産品、各地の伝統工芸品、電化製品、ギフト券などさまざまなものがお礼の品として選べますから、やらないと損だと思いますよ。

だけど注意しなければ損をしてしまう(ただ寄付しただけになる)場合もあるのできちんと確認した方がいいこともあります。

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は2000円の自己負担分を除いて、収入に応じて税金(所得税と住民税)が控除されるのだけど、どのくらい控除されるのかは収入や家族構成によって異なってくるのできちんと確認するのをおすすめします。

さとふるの控除シミュレーションでどのくらいまでふるさと納税できるかの上限を確認することができます。

上限を超えてしまうと、単なる寄附になってしまうので注意してます。

ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体にふるさと納税(寄附)した場合に、寄附金のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度のこと。

例えば、10万円寄附した場合は自己負担分の2000円を除いた19万8千円が控除されるということ。

ただし、先程も書いたように各人によって全額控除(自己負担分の2000円は除く)されるふるさと納税額(年間上限)は違いますからきちんと計算しましょう。

あくまでも支払った税金から控除されるので、支払い税金額が少ない人はふるさと納税で受けるメリットは少なくなります。

ふるさと納税できる自治体は生まれ故郷でなくても可能で、日本全国どこでも自分の気に入った自治体に寄附することが可能です。

私は御礼の品でふるさと納税する自治体を選んでます。

控除を受けるためには確定申告もしくはふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する

ふるさと納税をして寄付金控除を受ける場合は、確定申告が必要になります。

確定申告が面倒だと思う人はふるさと納税ワンストップ特例制度というものを利用することも可能。

 ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用するには注意点があります。

  • ふるさと納税先の自治体数が5団体以内
  • 確定申告不要な給与所得者が対象
  • 確定申告とふるさと納税ワンストップ特例制度の併用は不可
  • ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要あり(マイナンバーも記載)
  • ふるさと納税ワンストップ特例にて申請した場合は住民税からの控除のみ

確定申告って初めてする人にはちょっと敷居が高いかもしれません。

だけど確定申告することによって、税金の支払いに敏感になるのでやったほうが自分のためにはなると思いますよ。どれくらい税金を支払っているのかも実感しますしね。

ふるさと納税による税金の控除について

ふるさと納税(寄附)をして、確定申告を行った年の所得税と翌年度分の住民税のそれぞれから控除されます。

だから、一旦は持ち出しになるということ。

一時的には家計のお金がなくなるのです。そして確定申告をすることによって後に税金が控除されるという仕組みになっています。

ふるさと納税をしただけでは、ただの寄附になってしまいます。きちんと確定申告しましょう!!

ふるさと納税することのメリット

ふるさと納税のメリットは寄付金控除があり、自己負担2000円を除いて所得税と住民税から原則として全額が控除されることではないでしょうか。

ただし、ふるさと納税で全額控除可能な上限金額はありますよ。

そしてお礼の品がいただけるということ。

ふるさと納税することのデメリット

デメリットということでもないかもしれないけれど、寄附金は一旦は持ち出しになるということと、確定申告が面倒だということくらいしか思いつきません。

ふるさと納税のやり方

今はふるさと納税を便利にできるポータルサイトがいくつもあります。私が知っている範囲では下記のポータルサイトがあります。

一番品揃えが多いのが、ふるさとチョイス。だけどクレジットカード不可のところもあるし、ポータルサイトから直接、ふるさと納税できない自治体もあります。

ふるさとチョイスから決済するとTポイントが貯まりますよ。

楽天市場を普段からよく使ってる人は楽天市場 ふるさと納税はおすすめです。

楽天スーパーポイントも利用できるし、ふるさと納税で楽天スーパーポイントも貯まります。ポイントアップの時はさらにお得!

ただ、ふるさとチョイスと比べると参加している自治体は少ないです。

まとめ

ふるさと納税は高所得者ほど利用価値の高い制度だと思うので、積極的に利用しましょう。

ただし、寄附金の上限金額の確認と確定申告はお忘れなく!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA